できるならば梅雨入りはもう少し先送りして欲しい

スポンサーリンク
スポンサーリンク



6月1日、今日はなんの日?

6月1日は気象記念日だそうです。

1875年(明治8年)の6月1日、日本初の気象台である東京気象台が東京赤坂葵町に設置されたことを記念して制定された記念日です。

制定は1942年(昭和17年)なので、太平洋戦争真っ只中に記念日制定してるわけなので、開戦直後は日本が余裕かましていたんだなぁ、っていうのがうかがい知れる記念日でもありますね。

東京気象台は気象と地震を観測するために設置された施設で、気象を観測するにあたり観測地点がブレては困るから地震を観測して測量の情報として役立てようという理由で、地震もセットで観測し始めたらしい。

日本最初の天気予報は曇り時々雨

日本で初めて天気予報が発表されたのも、6月1日。1884年(明治17年)年のことだ。

気象台が設置されてから初の天気予報が発表されるまでに9年かかっているので、天気予報というのは、下駄を転がす程度でわかるものじゃないというのはよくわかる。

「全国一般風ノ向キハ定リナシ天気ハ変リ易シ但シ雨天勝チ」というのが日本初の天気予報。

まさかの全国の予報をいち文で出してくるスタイル。これ、当たったのか?いや、当たった地域もあれば外れた地域もあるって感じか?

どちらにせよ、とてもワイルドな天気予報だったことは理解できる。

当時は天気予報が毎日3回出され、その度に交番や派出所に張り出されたそうだ。日本初のラジオ放送が1925年(大正14年)なので、まだ通信技術的にも電報とかが精一杯だったんだろうから仕方ないのか……

速報性に難はあるが、そこまでリアルタイムな天気予報を気にする人もいなかったのかな?年間の天気とかは農家の人は気になるだろうけど。

今年の夏は平年より暑い

既に定番化している平年より暑い夏。ここ数年で平年より涼しいって季節予報が出た年ってあったか?とりあえず3年連続平年より暑いという6〜8月の長期予報だったのは間違いない。

こんなに毎年暑いと平均値が上がって逆に涼しいって予報が出たりしないのだろうか?不思議である。

降水量に関してはほぼ全国的に平均なみで梅雨時期だけ見ても平均なみらしいので、豪雨とかの被害は少ないのかな?今年は何もなく夏が終わればイイなと思います。

去年は九州北部豪雨、2年前は北日本の太平洋側が大雨、3年前は西日本が多雨で日照不足になってと、ハチャメチャな夏が続いている。

そろそろ地球も落ち着いて静かにサマーバケーションを満喫していただきたい。

まとめ

6月1日はバッジの日でもある。

そう、「気象」と「徽章」をかけたのである。

なかなかにくだらなくて、とてもイイ記念日だと思った。