旅行のススメ(南東北太平洋側篇)vol.2

スポンサーリンク
スポンサーリンク



旅行のすゝめ

5月7日から10日までの旅行を4回に分けてご紹介する今回の企画、今回はその第2段です。

気仙沼市に入ったところで力尽き、2日目はそこからのスタートとなります。

2日目のメインコンテンツは何と言っても楽天生命パーク宮城で東北楽天ゴールデンイーグルスの試合を観戦することです!

しかし、空模様は前日に引き続きなかなかの曇り空……雨男の本領を発揮してしまいかねない……

そんなこんなで、2日目を振り返って参りましょう。

宮城県〜岩手県(国道45号)

先日最後に走った国道45号を更に北上。

朝5時半には走り出すという気合の入れよう。ふだんなら下手したら寝始める時間ではないですか。

目指すは岩手県陸前高田市。奇跡の一本松です。

東日本の象徴のような存在ですから、一度は見てみたいなと思ったのです。

石巻より北の太平洋側は今回が初来訪。山沿いだと宮沢賢治の故郷、花巻市までは行ったことがありますね。

昨日も思ったが、海沿いって真っ平らな道を砂浜を横目に見ながら颯爽と走るイメージだったのだが、かなり起伏が多いのですな……

内陸育ちは海のある生活っていうのは5割増しくらいでオシャレな気がしているものだ。

気仙沼市の南三陸町寄りからだと陸前高田市はだいたい1時間半ほどのドライブ。朝だというのに、復興関連のダンプがかなり走り回ってて忙しそうな雰囲気だったのが印象深い。

奇跡の一本松は、陸前高田市に入ったらすぐ。視界がひらけると「あっ」って思う。海沿いには堤防、道を挟んで土の山、かなり異様な雰囲気だった。ニュースで見たかさ上げ工事ってヤツかって知識では理解できても、やっぱり何か不思議。

故郷の栃木市は石灰の産地が近くにあったり、山砂利の採掘場があったりするので、土の山とかは結構見慣れて育っている気ではいたが、それらとは全く違う、景色だった。

一旦、奇跡の一本松を通り過ぎ、近くにある専用駐車場に車を停めて、近くまで向かう。震災が起こるまでは、このあたりは道の駅があったりして観光客で賑わう地域だったようなので、何もない景色や壊れたままの建物とか見ると、朝イチでやるせない気持ちがした。

奇跡の一本松は、ホントに、一本松だった。腐食が始まってしまい、防腐処理されて木としては死んでいるというのも知っているし、何度もテレビで見た光景だし、ほーって思うくらいだろうと思ったが、生のチカラはスゴい。これは絶対に生で見ないといけない光景だって本気で思った。

奇跡の一本松 #陸前高田 #奇跡の一本松

水無月 羊蹄さん(@j.sheep0715)がシェアした投稿 –

7年経っているはずなのに、復興っていうのはホントに大変なことなんだな……

宮城県太平洋沿岸(国道45号〜三陸自動車道〜国道45号)

基本的に仙台以北で海沿いを走ろうと思うと国道45号になる。

だから、ちょっと沈んだ気持ちで陸前高田をあとしてからも、また国道45号を走る。

予定では石巻まで戻ってマルカンビル大食堂でソフトクリームを食べて市内をぶらぶらしてから松島海岸に向かう予定だったのだが、まさかのゴールデンウィークの振替で休館日になっていたのを知り予定変更を余儀なくされた。

石巻市といえば石ノ森萬画館なのだが、免疫疾患でまともに歩けない状態でもかなり長いしてしまったファンにはたまらない施設だ。メインコンテンツが待ち構えているので代替案としては難しかった。

仕方がないので、道沿いの道の駅をしらみつぶしに立ち寄ることに。

最初は気仙沼市内、国道45号沿いにある道の駅大谷海岸はまなすステーション。

ちょうどオープンの時間に辿りつき、売店で気仙沼市のご当地サイダー「潮騒ダー」を飲みながらぼんやりとする。

今日のご当地サイダーは気仙沼の潮騒ダー #ご当地サイダー #気仙沼 #宮城県

水無月 羊蹄さん(@j.sheep0715)がシェアした投稿 –

建物の裏手にコンクリートの塊があるので気になって見に行ったら、駅のホームだった。道の駅になる前はホントに鉄道駅だったのだ。

途切れた線路とWELCOME OYA STATIONの文字が物悲しい…… #道の駅 #道の駅大谷海岸 #気仙沼

水無月 羊蹄さん(@j.sheep0715)がシェアした投稿 –

JR東日本気仙沼線の大谷海岸駅は震災前は日本一海岸に近い駅で有名だったらしい……

残されたホームとレールが、なんだか物悲しかった。関東で生活してると、なかなか廃駅っていうのはお目にかかれないし。

道の駅大谷海岸は三陸自動車道の入り口からかなり近いので、そのまま三陸自動車道に。

三陸道沿いではふたつの道の駅に立ち寄った。どちらもパーキングエリア的な道の駅で出口を降りたら目の前が道の駅になっている。

ひとつ目は道の駅三滝堂。登米市にある道の駅。登米市という市があること自体、今回の旅で初めて知った。

登米市は知らなかったが、銘酒「澤乃泉」は存じていたが、どうやら登米市で醸造している日本酒らしい。澤乃泉の酒粕をパウダー状にして混ぜているご当地サイダーが売っていて、ノンアルコールというのでついつい買ってしまった。

ふたつ目は道の駅上品の郷、石巻市にある道の駅だ。

温泉施設を併設している道の駅で、どこかで見かけたことのあるようなゆるキャラがお出迎えしてくれる。

三滝堂もそうだが、油麩をとてもプッシュしていた。どうやらこの地域は油麩を玉子でとじてご飯にかける油麩丼が名物のようだ。

なのに、なのにだ、道の駅のイートインで出していないってどういうことなのだ!?かなりのプッシュっぷりなのに、何故、食べさせないの?レシピ見る限りかなり簡単そうだよ?どこでも食べられるようなカレーとか出す前に油麩丼を出しなよ、売上上がると思うぞ?って心から思った。

朝から一気に道の駅3連発をこなし、石巻市内をふらふらとドライブしつつ、松島海岸を目指す。

松島海岸は前回3年前に東北を旅行した時にも立ち寄ったが、その時は台風が接近していて人はいない、開いている店はない、風景は全体的に灰色と最低なコンディションだった。

今回は、曇ってはいたが、雨は降っていなかっただけ、前回よりもだいぶ改善されたと言えるだろう。観光客もふつうにいたし。

ただ、やはり、晴れている時に見たかった……

海岸をぼーっと眺めて例の俳句を心の中で呟いて、五大堂をくるくると見て回っていると、おせんべいを食べながら歩いている人がちらほらいることに気がつく。

調べてみると、五大堂の近くにおせんべい屋さんがあって、そこで焼きたてのおせんべいが買えるようなのだ。

松島雪竹堂というおせんべい屋さんなのだが、せんべい屋??って思うくらいオシャレな佇まいで、周りがやたらと昭和を醸しているお土産屋なだけあって、ちょっとばかり浮いていた。

松島雪竹屋の焼き立ておせんべいを食べながら塩釜に向かいます #松島 #宮城 #煎餅

水無月 羊蹄さん(@j.sheep0715)がシェアした投稿 –

ただ、おせんべいは、大変美味しかった。

松島を出た後は、三陸道は有料区間になってしまうので、国道45号を塩釜港方面へ。

海なのか山なのかって風景を眺めながら15分も走ると塩釜港に到着する。

塩釜には陸奥国一之宮鹽竈神社がある。一之宮は各国で一番格式の高い神社のことだ(かなりざっくりと説明すると)

陸奥国は今の福島県、宮城県、岩手県、青森県だから、かなり広い地域で一番格式の高い神社なわけだ。

関東近辺だと、さいたま市の氷川神社とか鹿嶋市の鹿島神宮、宇都宮市の二荒山神社と日光市の二荒山神社、諏訪市の諏訪大社とかが一之宮だったりしますね。

鹽竈神社も陸奥国一之宮の名に恥じない大きく荘厳な神社でした。

鹽竈神社 #神社仏閣 #神社 #宮城 #塩釜

水無月 羊蹄さん(@j.sheep0715)がシェアした投稿 –

港町の神社だけあり、主祭神は航海の神様。歴史もかなり古く、日本神話の時代にまで行き着くらしいので、かなり格式高い神社だ。

航海の神様にお願いしてもイイのか悩んだが、楽天の勝利と旅の安全を祈り、塩釜を後にした。

仙台市内

塩釜から仙台へ向かう途中で多賀城跡で多賀城碑を見たが、個人的にはかなりテンション上がったが、たぶん知らない人にはただのかすんだ文字が彫られた大きな石でしかないだろう。一応、宮城県多賀城市の多賀城碑、栃木県大田原市の那須国造碑、群馬県高崎市の多胡碑といえば日本三大古碑なのだが……まぁ、マイナーですよねぇ。

そんなこんなで仙台市内に入り、本日の泊まるホテルにチェックイン。

青葉通り沿いにあるホテルで、市内も市内、仙台駅まで10分もかからないようなところで驚いた。

部屋は狭いが、寝るだけだと思えば文句もないビジネスホテルでした。

荷物を置き、一息入れたところで、本日のメインである野球観戦に。

仙台駅からふたつ離れた宮城野原駅が楽天生命パークの最寄り駅。青葉通りからだとJR仙石線のあおば通駅が近くて、宮城野原駅まで1本で行けるし始発駅で分かりやすいようなので、仙台駅に向かわずあおば通駅へ。

関東圏外の鉄道を使うのって何年ぶりだろう、基本車移動だから旅先で鉄道に乗るってことがまずないものな……5年か6年前に高速バスで名古屋あたりに観光へ行った時が最後か……

楽天生命パーク宮城

宮城野原駅はホントに近かった、ふた駅ってことはあった。東京の神宮球場みたいに都心のビル群が視界に入る球場だ。

駅のホームは楽天仕様になっていて、クラッチとクラッチーナ(楽天のマスコット)が壁いっぱいに描かれていてかなりテンションが上がった!こんなに駅のホームでテンション上がったのはロンドンメトロのベーカー街駅以来だ!

駅を出てから球場まではだいたい10分くらい歩いたと思う。大きめな都市の運動公園にある球場を豪華にしたような球場で驚いた。流石、元々は宮城野原公園総合運動場内の球場。

元々は千葉ロッテマリーンズの前身、ロッテオリオンズが本拠地に使ってた歴史とかがある由緒ある球場らしい。

楽天創設時はフルキャストスタジアム宮城だったり、クリネックススタジアム宮城になってみたり、Koboスタジアム宮城になってみたりしつつ、今シーズンから楽天生命パーク宮城になったネーミングライツが入れ替わりまくる球場ではありますが、これまで行った球場の中ではトップくらすにオモシロい球場でした。

試合を観つつ、いろいろ見て回りましたが、ホントに観覧車があるんですね。観覧車どころかメリーゴーランドまであった。スマイルグリコパークすげぇ。

いろいろ食べようと思ってはいたのだが、2日予定の予算を薄く伸ばして4日分にしているので、かなりカツカツな予算だったので、何も飲まず何も食べずに終わってしまったのが悔やまれる。

ただ、試合自体は楽天の勝利に終わりかなり満足行く観戦となりました!毎年必ず1度は試合観戦しているがすべて負けてしまっていたので、勝利した試合を観戦したのは初めてなのです!去年は則本の世界記録がかかった試合を神宮球場で観戦したが、世界記録は消えるし、嶋は怪我をするし、試合は負けるし、絶対に勝てる試合だと思って観戦しに行ったのにかなりガッカリな結果に終わってしまったくらいだ。

今年中にもう1度は観戦に行きたいと心から思った。次はグッズやフードを買う潤沢な資金を準備して……

おとなしくファンクラブに入ろうかな……レプリカユニフォームももらえるし……

仙台駅周辺

試合観戦後、折角、仙台まで来たのだから牛タンでも食べねばと思い、仙台駅まで戻り駅周辺で牛タンの店を探す。

時間的にかなりカツカツだったらしく、開いている店がほぼない中、仙台駅3Fの牛タン通りの伊達の牛タン本舗に。

同じことを考えている人いるもんで、対面の席に対戦相手だったロッテユニフォームを着たファンと思われるカップルが座っていた。個人的にはちょっと緊張した。スポーツのサポーターというのは、情熱的と言う名の凶暴な人は結構いるものです、因縁つけられないか心配だった。

これといって因縁もつけられることもなく、美味しく牛タンをいただいた。

塩と味噌の2種類味があるというので、どちらにするか本気で悩みかけたが、MIXという逃げ道を準備していてくれたので、思いっきりそれを選んだ。

牛タンを、食べるよ! @ 伊達の牛たん

水無月 羊蹄さん(@j.sheep0715)がシェアした投稿 –

どちらも食べてみた感想としては、やはり牛タンは塩だなと思いました。味噌は味噌で美味いのだが、塩の方が牛タンを食べている感はとても強かった。

麦飯はおかわり自由だったもんで、ついつい4杯くらい食べてしまった。

満腹で眠くなりながら、仙台駅を後にし、ホテルへ戻る。気がついたら寝てしまっておりました。

まとめ

走行距離194km

走行時間5時間30分

2県10市町通過

2日目も結局、移動時間が多かった。移動時間のせいで観光時間が減らされるが、1度の旅行で何ヶ所も観光地を回れるというメリットがある……どっちも捨てがたい魅力なのです、いつも悩むのです、嗚呼贅沢な悩みだ……

先に言っておきます、3日目も結局移動ばかりです。