JETSTREAMアタックをかけるぞ!

ボール径比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク



黒い三連星、ならぬ黒い四連星

オモシロい最新情報が手に入らなかった今日は、手元にある文房具のお話。

私のお気に入りの文房具と言えば、三菱ユニのJETSTREAM。

近所の文房具屋に“「あの書きやすいボールペンどこですか?」って聞かれたら大体コレ”ってPOPが出されてて、ものスゴく共感できたJETSTREAM。

一度使うと手放せないサラサラスラスラな書き味が魅力な油性ボールペンなのですが、現行モデルだとボール径が4種類出ています。

細い順に、0.38、0.5、0.7、1.0、の4種類。

JETSTREAM

私は4種類すべて揃えて、ふだん使っているので、今回はボール径という観点からJETSTREAMの魅力について書いてみようかなと思います。

両極に、振り切るぜっ!

取り敢えず、結論から。

一番良く使う私的ベスト径は、0.38です。

全径を試すまで気に入って購入していたのは、0.7なのですが、どう考えても0.38が一番使い勝手がイイ。

難点としては、筆圧が強すぎるとインクが出づらくなり字が掠れるところなのですが、そもそもJETSTREAMユーザーは軽い筆圧で字が書けるところに魅力を感じて使っているだろうから、あまり大きな問題にはならないと思う。(仕事柄、人にボールペンを貸して署名等をもらうことがあるので気がついた難点である)

逆に、一番使わないのがまさかの0.5である。

市販されているボールペンで一番ポピュラーなのは、どう考えても0.5だろう。コンビニでもスーパーでもどこでも、だいたい置いてあるのは0.5だろう。

だが、実際に使ってみると、シーンにあわせて太いか細いかを使い分ける方が勝手がよい感じてくるのだ。

サインとかちょっとしたメモみたいな短い文章なら、太い1.0が。

ノートに書いたりガッツリ記録をするような長い文章なら、細い0.38が。

そうやって使い分けてやると、ホントにイイのだ。実際、4本の中でインクがガンガン減っているのは0.38と1.0だし。

両極端が丁度イイ。

でも、一番書きやすいのはってなると……

前段で、市販ボールペンで一番主流なボール径は0.5と言ったが、実はJETSTREAMだけはその限りではないのだ。

JETSTREAMだけは、0.7が主流になっているのだ。

実際にコンビニにでもダッシュしてみて欲しい。あるかないかって問題はあるが、売っているとすれば黒字に白ラインが入った0.7の黒だと思う。

記憶が確かなら、ローンチのJETSTREAMが0.7だったはず。

そう、JETSTREAMはデフォが0.7なのだ!そして一番書きやすいのは0.7なのだ!

シーン別の使いやすさは置いておくと、サラサラスラスラ書けるJETSTREAMの魅力が一番味わえるのが0.7だったりする。

ホントに、圧力を感じない書き心地で永遠に書いていられる気がしてくるのだ。初めて使った時のあの感動はなかなか忘れられない。

やはりローンチタイトルはハズレがないのだ。ボールペンでもゲームでも。

そうなってくると、ホント、0.5は使いどころが見つからない……

まとめ

紙に一杯字を書きたいなら0.38、サインをする程度なら1.0、どのボール径にするか悩んだら0.7を選ぶとイイと思いますよ。

0.5?……知らない子ですね……