財務省事務次官セクハラ疑惑が疑惑そのものが疑惑な疑い

スポンサーリンク
スポンサーリンク



え、これが証拠なの?

森友問題やら加計問題やら自衛隊日報問題やら、いろいろと大変なことになっている昨今、また新たな問題が浮上してきましたね。

財務省事務次官のセクハラ発言を新潮がすっぱ抜いたみたいです。

それも、音声有り。

これはぐぅの音も出ないだろうなぁ……と思って、その音声データを聞いてみたのですが……

えっ?ナニコレ?これが証拠??ってくらいお粗末なモノで、とても驚いた。

聞いたことないのであれば、是非とも聞いてみてください。内容はともかく、相手の声はまったくなく話の脈絡もなんとなく違和感がある。

こんなものを証拠だ(ドヤッ)ってやってるだけでお金が稼げるなんて記者っていうのは楽な仕事だなと心から思いました。

合成疑惑、出てますよ?

新潮さん、大丈夫ですか?合成音声疑惑が出ちゃってますよ?

政府与党に対抗的なTBSの報道番組が、まさかこんな政府与党に都合がイイ報道をするのは、とても驚きだった。

でも、日本音響研究所と言えば、音声解析に関しては国内で右に出るモノはいない有能な研究所だ。そこが、3ヶ所の音声を継ぎ接ぎした可能性を指摘しているのだから、かなり高確率で音声は合成されているのだろうな……

それなのに、新潮は19日に続報を出すと言っているのだから、なかなか勇気があるなと思います。

どんな決定的(お粗末な意味で)な内容を報じてくれるのか、楽しみではある。

これ、疑惑が疑惑だった時、誰が責任取るの?

報道の自由は大切だ。だが、報道の自由を履き違えるのは間違いだ。

報道したら報道しっぱなしな報道機関が、誰かを批判してイイのか?お前が言うなって思われるような報道機関が報道をする権利があるのか?

キャバクラとかクラブで呑んだりって経験がほぼないから分からないが、そういうところでプライベートで馴染みのお姉さんとちょっとピンクな会話しながら呑んでいる時の音声を切り貼りされて、全国のお茶の間に届けられていたとしたら取り返しのつかない事態なのじゃないか?

事務次官っていう立場になると、プライベートまで監視されて、自由がなくなるのか?報道の自由をいつも盾にしているマスコミが、プライバシーという権利を蔑ろにするような真似は間違ってもしないでしょうね?

文春やら新潮が部数を稼ぐために、誰かを貶めるような報道をするのを、報道の自由だと許すのはもう辞めにした方がイイのじゃないだろうか?

そのせいで仕事を失ったり、自殺したりしても、人生狂ったりしても、責任は一切取らないんだろ?やりたい放題じゃん、それじゃ。

取り敢えず、まだ、偽りか真実かハッキリしていないので、行末を見守って行こうと思います。

まとめ

事務次官の辞任会見の時に、記者が「ふつうの人は自分の声を自分で聞き分けられる」的なことを言っていたんだが、残念なことに私は自分の声を自分で聞き分けられません。自分で聞いてる自分の声とまったく違うんだもの、分かるかよ。ふつうって何だよ!

何気ない記者の一言が視聴者たる私を傷つけた……