ブログに書く記事がない時の対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク



ネタがない!

ネタがないのです。

仕事が忙しくてRSSも読めずに記事が溜まりまくり、本を読む間もなく、挙句の果てにTwitterすらまともに追えていないのです!

ああ、時代に取り残されている音がする……

実家暮らしだが、親とは生活する時間が異なるのでほぼほぼ顔を合わせることもなく、職場では仕事の話くらいしかしないので、まったく新しい話題が耳に入ってこないのですよ。

何か刑務所から脱獄した人のニュースだって、今日、久々にテレビを見ながら晩飯を食べていて初めて知ったくらいだ。

忙しいって、ホントにツラい……

その関係でまったくネタがないのです、ブログで記事にする。

このブログは基本的に、管理人の水無月羊蹄が気になったことやらオモシロいと思ったことを乱雑に記事にしていくブログなのです。

つまり、ネットやら会話やらは仕入れなのです。仕入れができないとなると、商売ができないのです。在庫?ないよ、そんなの。

ちなみに、ゴールデンウィークとかいう魔物が目の前に迫ってきているので、しばらくは休みの日にいろいろネタを仕入れて在庫を充実させておかないと、ホントに簡単にネタが尽きてしまう気がしてならない。

そうならないようにしておくのも、ある意味、ブログ運営としては大事なのだろうな……

ネタがないなら、何を書けばイイのだろうか?

ネタがないなら、取り敢えず、独白とかどうでもイイことを書くしかないのではないだろうか?

いや、そんなの誰が求めているというのだ……

もう何か物凄く内容の薄い、カルピスを表示の倍くらい水で割ったような記事を書くしかないのだろうか?

世の中のブロガーさんは、どうやって乗り切っているのだろうか、気になって仕方がない。

コミュニケーション能力のとても低い私は、ブログを初めても、ブログ友達が作れる気がしません。

ああ、結局、独白みたいな感じになっちゃってるよ、どうしようもないな。

高い文章能力と高い計画性をください、神様。

ダメなせいで、いろいろと見える世界もあることを知れたのは、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ収穫だったと思う。

まとめ

まとめも何もあったものじゃないけど、結局、キッチリとネタを決めて、下調べをして、文章構成を考えて、記事を書き、推敲して、加工をして、記事をアップするっていう、最低限の作業をコンスタントにこなせるように、いろいろと準備や計画を立てないとダメなのだろうな。それができていないってことを公にしただけの記事になってしまったな、ダメダメじゃん!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



フォローする